2018年10月4日木曜日

【NEW!】Hap pep tits/キーマカリーズとチチワシネマ

【NEW RELEASE】Hap pep tits/キーマカリーズとチチワシネマ

Hap pep tits /キーマカリーズとチチワシネマ




format - CD
release date - 2018 12/5(wed.)
item code - RDTR-008
price - ¥1,500 + tax

 


ありそうでなかったハードコアパンク、ポップパンク現在進行形。今関西若手バンドで最も調子にノっている(良い意味で)キーマカリーズとチチワシネマのファーストアルバム遂にリリース!!


‘’キーマカリーズとチチワシネマ’’という、バンド名だけを聞くとその音楽性に若干の不安がよぎるバンドを大好きになってしまいました。

僕が出会った頃すでに関西バンド界隈で知る人ぞ知る名物高校生だった彼ら(Ba.シコルを除く)は、当時から周囲に物怖じせず、独特の勢いと悪ノリを兼ね備え、ライブではセンス先行not知識なハードコアナンバーを繰り出し、どういう経緯かわからないがどついたるねんからバンド名を授かるという、とにもかくにも強烈な存在だった。
その後進学の為活動休止期間があり、このまま止まってしまうのではと危惧したが、全くの余計な心配だったようでサクッと復活。大学生になり更にネジが外れた結果、怒涛のライブ活動を展開。周囲の認知度も増す中、’’GEZAN’’のイベント全感覚祭で、最早当然のようにネジが外れた男Ba.シコルを捕まえるという出来過ぎたストーリーをサクセスできるあたり、やっぱり彼らは何かを’’持ってる’’のだろう。

彼らの演奏や歌詞(だいせい君は稀代の詩人だと思う)、人間関係などを見ていると、今後THE BLUE HEARTSGOING STEADY/銀杏BOYZのように、かつての自分のような「何かやりてぇ!」と思ってる人を突き動かす、その何かがあるんじゃないかと思う。ワクワクやドキドキを感じれる事のありがたさを噛みしめる!カッコイイ人は年齢に関係なくフレッシュでピュアだ。年月が経てば大なり小なり環境は変わっていくだろうけど、キーマがどうなっていくか見ていたい。もちろん僕だってまだまだやれる。きっとこのアルバムを聴いてくれるあなたもそうだと思う。むちゃ恥ずかしいけどFOREVER YOUNG!アルバム是非聴いてください!

ロードトリップ
はまいしんたろう

-Track List-
1.暮らし
2.Lost Paradise 
3.あのね 
4.YOUR GLORY DAYS
5.Vivisick
6.ビーサン
7.水風呂
8.ぴゅあしゃい
9.2日連続であそんだ
10.ヤンキータワー
11.You talk, I listen
12.共勃ち
13.ロードトリップ(fa fa fa fa fa)
14.先輩のおっぱい
15.Youth,Attack,Center

with Support Bass タクミ(Vivakappa)

Guest Vocal mutumi.teenage.riot(B玉/CONVULSiON/RED STAPLESS) , はまじ(KK manga) , マツモト(FAAFAAZ) , はまいしんたろう(ロンリー) 

Recording はまいしんたろう


Mix & Mastering Shigeki Oka(CRAZY MAMA STUDIO)

Jacket Artwork & Design ENAS


Artwork by だいせい , 不吉霊二 , 原田晃行 , YANKEE CONG , のだかなこ

Song Title by SEAZK, COOK, KEEP, Mina Hamada, ZOSEN, BIGFOOT, Matsuike&HOP, yopey, BASE, COAS, ZEST, JUCE, ERIES, DEVIL, ZNS 


【取扱一覧】

・ロードトリップSHOP
・BASE(東京)
・DISK UNION(関東/大阪)
・JET SET(京都/東京)
・100000tアローントコ(京都)
http://100000t.com/
・中華そばみみお(京都)
https://twitter.com/mimioxnoodles
・SOULMINE MEGA MART
・holiday! records(大阪)
・No edgeトミー君ディストロ(鹿児島)
https://twitter.com/toooom_12
・Garbage collector records(北海道)

随時更新していきます。

お取り扱い希望はroadtrip086@gmail.comまで。


【PROFILE】

《L→R》ゴツロー(Gu.)/dope daddy(Dr.)/シコル(Ba.)/だいせい(Vo.)


ドラム、ギター、ボーカルの3人は小学生の頃からの友達で中学の同級生。2014年8月結成。ベースを弾ける友達がいなかったのでベースレスのまま高校生の間は活動する。ハードコアを全く知らないのにハードコアと言われたりしていました。後追いのようにハードコアを聴く。

2014年10月、初ライブを終えて「チチワシネマ」は解散。解散中に「どついたるねん」から前身バンドである「キーマカリーズ」を2014年12月に二代目として授かることになる。同じメンバーのまま活動を始めることになり、徐々にバンド名が「キーマカリーズとチチワシネマ」になる。

2016年 受験勉強の為、1年ほど活動休止。
2017年 大学に入りベース募集をかけて全感覚祭でベースのシコルを捕まえる。


《LIVE SCHEDULE》


12/21(fri.) at 西院ネガポジ
FIGHT CLUB×キーマカリーズチチワシネマ企画「ビブレカナート5」 キーマカリーズチチワシネマ The Original Mixed-Up Kids BRONxxx AIWANA 湧 FIGHT CLUB open18:00/start18:30 ¥1000+1D


2018年5月31日木曜日

【NEW!】TEAM PLAY/FIGHT CLUB

TEAM PLAY / FIGHT CLUB



format - CD
release date - 2018 6/26(tue.)
item code - RDTR-007
price - ¥1,500 + tax

 

鋼鉄のゲートは開かれた...偽ミネラルウォーターをがぶ飲みして、手に入れたのは不完全な健康体か!!パワーコード、ルート、エイトビートに掴まれた!!そんなやつらは踊り出さない!!ファイトクラブのソフトとハードがたっぷり詰まったファーストアルバム!!

いきなりであるが僕は自分に対さなければいけない時に目を背けがちだ。更に背けるだけならまだしも、様々な誘惑(飲酒やNetflixなど)に乗っかることで、思考を遥か彼方へ追いやるという悪癖がある。FIGHT CLUBのライブを見るとそういった自分と対峙する事について考えさせられるのだ。

###

DCハードコアパンクレジェンドBAD BRAINSは"I against I"という屈指の大名曲で「自分に対する自分」というとても哲学的なテーマについて歌った。果たしてこの曲を皆知っているかどうか定かではないが、僕の周りにいるカッコいい人達は一様にI against Iのattitudeを持っているように思う。無論FIGHT CLUBもその内の1組だ。そしてI against Iのattitudeを持つ人達には、もう1つ特性がある。

###

何年か前に先輩バンドマンがMCで言っていた「I against IならYou against Youだろ」という言葉が強烈に印象に残っている。その当時はあんまりよく分かっていなかったのに、カッケェ!などと軽薄な感動を覚えたものだが、この文章を書いていて僕は気づいた。I against Iのattitudeを持っている人は、意識してか無意識にかは分からないが、上記の先輩と同じメッセージを見る者に投げかけてきているという事に。なるほどFIGHT CLUBを見ると芽生える感情はそういう事だったのか。全ては繋がっていたのだ!あくまで僕の想像の範疇でしかないが、きっとそうに違いない!

###

そんなI against Iのattitudeを持ち、(恐らく)無意識にYou against Youを投げかけてくるバンドFIGHT CLUBの1stアルバム『TEAM PLAY』は、彼らのライブで見られる、飛び散る汗、破れたTシャツ、ほぼ野郎しかいないフロアなど、言葉にするとあまり望ましくない事柄が、その瞬間何故か美しくさえ感じる、ある種異常とも言えるカタルシスを生み出す理由が分かる作品になっている。もし聴いて反応したならライブにGOだ!ヤるからには立たせたいという純度100%のパンクを鳴らしながら、拳に握った真夏の海に幾度となく飛び込むFIGHT CLUBの勇姿。なるべく多くの人に目撃してほしいと切に願う!!

はまいしんたろう

《Track List》
1. アイアンフューチャー
2. 赤ちゃん
3. 昆虫
4. オーメンBoy
5. Bのクラス
6. デブの宿
7. ヤンキータワー
8. Rex
9. DARK!DARK!DARK!
10. クラブハウス
11. レンタカー
12. エイリアンズ
13. OVERWORK
14. 鉄人
15. メタルチャイニーズ
16. copyright


Recording/Mix/Mastering Shigeki Oka(CRAZY MAMA STUDIO) & Shintaro Hamai 
Artwork & Desing Muroshi(FIGHT CLUB) & Ju Muraoka(Test Pattern)


【取扱一覧】

・ロードトリップSHOP
・DISK UNION(関東、大阪)
・Record Shop BASE(東京)
・K-CLUB(高知)
・Garbage collector records(北海道)
https://twitter.com/bbkkouhei?lang=ja

お取り扱い希望はroadtrip086@gmail.comまで。


【PROFILE】

2013年春、友達の友達が友達を呼び、その友達の友達同士で結成されたのがFIGHT CLUBである。
精力的にライブ活動を行い、2015年04月01日には大阪扇町para-diceにてワンマンライブを敢行!以降、キーマカリーズとチチワシネマとの共同企画「ビブレカナート」など、いくつかの共同企画を開催。
2018年06月26日、ロードトリップより 1st album『TEAM PLAY』をリリースする。

過去の共同企画 (年/月/共同企画主)
「エイトビートナイト」(2015/5月/The Yayako) 
「ビブレカナート」(2016/4月/キーマカリーズとチチワシネマ)
「Chocolate Fireball」(2017/7月/Fateh*lia Band)
「ビブレカナート2」(2017/8月/キーマカリーズとチチワシネマ)
「BLONDnewHALF『CLEAN』レコ発」(2017/11月/メシアと人人)
「スタープラチナ ザ・ワールド」(2018/5月/メシアと人人)


《LIVE SCHEDULE》

7/19(thu.) at   扇町para-dice
【『TEAM PLAY」レコ発ワンマンライブ!!】





2018年3月22日木曜日

nagaibou

明日になりましたnagaibou。

今回のメンツ自分で言うのもなんですが「スゴイ」と思う。仮に誰か他の人がこの内容で組んでたとしたらかなり嫉妬する(絶対行くけど)。

VIDEOさんの音は初めて聴いた時からずっと心に記憶していたような気がした。VHSのサンプリングという手法がそうさせるのか。ピアニカの流麗なメロディなども相まって、今昔を自由に行き来する、いつまでも聴いていたいオールタイムな音楽。僕の頭の中でVIDEOさんの顔を思い出すたびにメガネがどんどん細く鋭い三角になっていく。新しいアルバムのアナログを買うのだ。

oddeyesの新譜とてもかっこよかった。直感的なセンスと知識として蓄えたセンスを絶妙なバランスで凝縮。まるで右脳と左脳が両方フル回転しているかのような。これまでもそうだったけど、特に今作は曲名のカッコよさが際立っていると思う。そしてイリシットツボイさんのミックス、近藤さくらさんのアートワーク、坂脇慶さんのデザイン、全てが相乗効果となっていて「作品」としてのクオリティがはちゃめちゃに高い。とにかくクセがすごいメンバーと同様にキャッチーさは感じないけれど、だからこそ何度も聴きたくなるアルバム。レコ発1発目というの個人的にすごく嬉しいです。

Minchanbabyの「たぶん絶対」は2017年よく聴いたアルバムの1つ。中毒的にリピートしてた。簡潔な言い方ですが、ものすごい暗い世界観なのに何度も繰り返し聴けるのは、当たり前だけどラップのかっこよさとワードセンスの面白さが飛び抜けているからと思う。アルバムの最後を飾るNISHIVIは本当にスゴくて、感動とも少し違う、なんとも言えない気持ちになります。ライブを見終わった後どんな気持ちになるんだろうかと、ワクワクするような少し怖いような気持ちです。

転換DJは楽曲と共に美貌にも磨きがかかるSHIZKAと、岡山で1番忙しいDJ、小さな巨人FxJxTにお願いしたので、こちらも盤石っす。

深夜のイベントあえて狙ったわけじゃないですが、出演の方々皆深夜が似合うと思います。静寂と喧騒を楽しみましょう。ご来場心からお待ちしてます。

ロンリー
はまいしんたろう

ロンリー presents
『nagaibou』

3/23(金) 岡山PEPPERLAND
OPEN/START 22:00

VIDEOTAPEMUSIC
odd eyes
Minchanbaby
ロンリー
SHIZKA
FxJxT

¥2500/¥3000(D別¥500)

2017年12月1日金曜日

【NEW!】SATAN V.A.

『SATAN V.A.』(Sonosheet)


format - Sonosheet 45'
release date - 2018 1/11(thu.)
item code - BBB-5 & RDTR-006
price - ¥926+ tax
jacket desingAOTA(SNOY)
sticker desing てんしんくん(ジョセフ・アルフ・ポルカ)

札幌発”ローカルサラウンドシステム”BIG BIG BITE & 岡山発”寄り道運転ミュージック”ロードトリップが悪魔的共鳴!!??地方の2つのローカルレーベルが共同制作した、45回転正方形片面ソノシートスタイルのスプリットオムニバス「SATAN V.A.」をリリース!


本作にはBIG BIG BITE & ロードトリップ両レーベルが招聘した全8アーティストによる、”悪魔”をテーマにした50秒以内のすべて未発表新曲を収録!!!
ジャケットデザインはSNOYなどで唯一無二な独自の世界観を持つAOTA氏。さらに、名古屋の奇才・てんしんくん作のSATANステッカー2枚封入!
世間一般に姿かたちを変えて存在する”悪魔”というアイコンは人それぞれだが、「SATAN V.A.」では各アーティストが自分なりの”悪魔”を再認識して現代に投げかける!!!


スラッシュ!フィッシュ!レボリューション!札幌が産んだ健康優良バンダナスラッシュパンク!DEAD FISH BOYS

一部でカルト的な話題急上昇中?”サッポロシティーハードガッツ”ヤンチャバイブス振り切れバンド!the hatch

新音源は久しぶり!北酒場発地獄行きドランクンノイズパンク!THE DRUNK BOi!S

タニシの暴動。ポンコツによるポンコツのためのハードコアパンク、BEAUTiFUL

1stアルバム「GOOD MORNING」発売以降、全国各地で嵐のようなモッシュを巻き起こしている熱血部活コア!FAAFAAZ

LARGE400/SK8NIKS/Idol Punchという、書き連ねる度に「やべぇぜ…。」ってなっちゃうバンドに所属する上杉さんのソロプロジェクト。待望の初音源!USGKZ & The equipments

チップチューンビギナー駆け出し青二才。はまいしんたろう


スーパー銭湯以外娯楽がない街岡山シティの元気が出るパンク。ロンリー


1.FAAFAAZ - CUT OUT MOMENT

2.BEAUTiFUL -消す
3.USGKZ & The equipments - 悪魔を励ます歌
4.はまいしんたろう - my(devil)war
5.the hatch - Stamina Jackson. short ver
6.ロンリー - 体調不良
7.DEAD FISH BOYS - Faust
8.THE DRUNK BOi!S - State & People



【取扱一覧】
・ロードトリップWEB SHOP
https://roadtrip.thebase.in/

・DISK UNION(関東/大阪)
http://diskunion.net/jp/
・SOULMINE MEGA MARThttp://soulmine.jp/
・RECORDSHOP ZOO(愛知)http://recordshopzoo.com/
・EGYPT RECORDS(大阪)

取扱希望の方おられましたらroadtrip086@gmail.comまでご連絡お願い致します。







2017年11月21日火曜日

【NEW!】A COMPILATION OF RAD YOUTH/REVOLUTION FOR HER SMILE

A COMPILATION OF RAD YOUTH / REVOLUTION FOR HER SMILE




format - CD
release date - 2017 12/13(wed.)
item code - RDTR-005
price - ¥1,500 + tax


 


10代の終わり、そして20代の始まり。大人の階段ガンガン昇るREVOLUTION FOR HER SMILEファーストシーズンの集大成!想い出いっぱいフルアルバム!堂々のリリース!

レボハーはかっこいい!!と素直に言える。僕は音楽に詳しいわけではないんだけど、彼らはメロディックパンクという大きな枠組みの中で、幾多のバンドが手にできなかったオリジナリティを持っていると思う。普遍的な強度のあるメロディーは、人それぞれにある様々な記憶を思い返させる。僕も今作を聴いて色々と思い返した。

バンドを始める20歳くらいまでは、思い出というものに全く固執がなかった。写真に写るのも嫌いだったから全然残ってないし、学校とか家族のアルバムも全部捨てたりとか。そんなもんと言えばそんなもんなのかもしれないけど、残しておけば良かったな〜と今更になって思う。

ただでさえ情報過多な日常に加え普段からマヌケな僕は、気を抜いたらめちゃくちゃ大切な事ですら忘れてしまってたりするので、今はなるべく何らかの形にして手元に置いておきたい。なぜそう思ったのか明確な理由は説明できないけど、バンドを始めて意識がすごく変わったんだと思う。

自分の世界と外界との、一生かかっても測りきれる気がしない距離感にたまーに鬱屈したり、ポジティブに自己肯定したりの繰り返し。それなりに手にした物や、失くした物もあるなーなんて偉そうに考えちゃったりして。あぁ…なんとも恥ずかしい…。でも、間違い多めで思い出すと切なくなっちゃう過去も、そういった選択の末にある現在も、全部ひっくるめて生活したい。

いつまで続けれるんだろう?なるべく長く続けたいなぁ。
こんな風に考えれるのって、きっとすごく幸せな事だと思う。

レボハーの3人の事は高校生の時から知ってるけど、今や全員大学卒業間近。今回のアルバムには10代を終えて、20代を歩み始めた彼らのこれまでの青春が詰まってる。勿論これからまだまだ続いていくんだけど、そんな節目の作品をリリースする事ができてすごく嬉しいです。

1. SMALL RIOTS
2. VOID
3. WAKING LIFE
4. AT THE END
5. THREE CHORD SONG
6. AIRCRAFT
7. HER SPECTACLES
8. NEW MARTINI
9. REVOLUTION MUST BEGIN AT HOME
10. HOW CHEAP MY WORDS ARE

Recording/Mix/Mastering Shigeki Oka(CRAZY MAMA STUDIO)
Design Kenji Ando(folks)


【取扱一覧】

・ロードトリップSHOP
https://roadtrip.thebase.in/
・BASE(東京)
http://www.recordshopbase.com/
・DISK UNION(関東/大阪)
http://diskunion.net/jp/
・JET SET(京都/東京)
https://www.jetsetrecords.net/
・WATERSLIDE RECORDS
http://watersliderecords.com/
・SOULMINE MEGA MART
http://soulmine.jp/
・3rd & Homie(足利)
http://sisapunkrocker.cart.fc2.com/
・Let's Just Rock Music Records(栃木)
http://letsjustrock.net/
・RECORD SHOP ANSWER(愛知)
http://www.recordshopanswer.com/
・RECORDSHOP ZOO(愛知)
http://recordshopzoo.com/
・with one accord(京都)
http://withoneaccord.cart.fc2.com/
・holiday! records(大阪)
http://holiday2014.thebase.in/
・EGYPT RECORDS(大阪)
http://egypt-rec.com/
・FLAKE RECORDS(大阪)
http://www.flakerecords.com/
・Disk Shop MISERY(広島)
http://www.diskshop-misery.com/
・SP RECORDS(島根)
http://sprecords.shop-pro.jp/
・KameyamA Distro(北海道)
https://twitter.com/desukame
・unk distro(青森)
http://unkdistro.cart.fc2.com/
・POOKOFF(宮城)
http://sendaishi.cart.fc2.com/
・G.R.G DISTRO(東京)
http://grg-records.com/
・The CORPSE ともひろさんディストロ(大分)
https://twitter.com/tomohirock83
a&works(沖縄)
https://twitter.com/aandworks

取扱、ディストロ希望の方はroadtrip086@gmail.comまでお気軽に!


【PROFILE】

(L→R) Toru Kawano(drums) / Ryuichi Furuhashi(bass) / Masahiro Takayama(guitar)

サッドメロディックのサッドって何だ??LIVE CLEAN STAY YOUNG・WHAT'S WHAT生まれ、UKメロディック・HER SPECTACLES育ち、USインディー経由フーファイターズ行き。 
2010年岡山にて結成。2011年に発売したデモ兼ライブ音源が超局地的な話題に。2014年生き埋めレコーズより1st EPリリース、2015年同郷のfolksとスプリット7inchリリース。2017年冬・ロードトリップより1st Albumリリース予定。

《LIVE SCHEDULE》
1月19日(fri.)@難波BEARS
KK Manga presents【/// UOYZ ///】 THE GUAYS/REVOLUTION FOR HER SMILE/VivaKappa/KK manga
open18:30/start19:00 adv.¥2000/door.¥2500 19歳以下無料!(要身分証)











2017年8月29日火曜日

NEW RELEASEです。『SMOKED CHEESE BREAKES』Mixed by Kimqun


『SMOKED CHEESE BREAKS』/ Mixed by Kimuqn

(RDTR-004 / TAPE+同内容CD-R/ 1000yen tax out)2017年11月上旬発売予定。


お久しぶりです。ロードトリップ久々のリリースはミックステープシリーズ第1弾っす。引き受けてくれたのは北海道帯広でtoiletというバンドをやっているKimuqnことキムさんです。

出会いは今年の3月。帯広→札幌にライブしに行く機会がありまして、その時が初対面で、初めはめちゃくちゃ無愛想な人…なんて思ったんですけど、打ち上げで焼肉食いながら寝てるの見てプーさんみたいで可愛いなと思って好きになりました。そんでその翌日別イベントにて淡々と(でもとても楽しそうに見えた)転換DJやってる姿と、ヒップホップを中心とした選曲にやられ、岡山に帰ってから即行で「ヒップホップ中心のミックステープを作ってください!」とオファーしました。個人的にヒップホップ熱が盛り上がってきてた時期ということもあり、タイミングって大事だなと改めて思いました。

それ以降お互いの好きなアーティストをLINEで送りあったり、毎週フリースタイルダンジョンの放送日翌日には感想を伝え合ったり、雨の日に「雨に合う音楽を見つけました」っていう中々に気持ち悪い連絡をしたりと、順風満帆な関係を経てこの度リリースとなりました。

キムさんがつけた『SMOKED CHEESE BREAKS』というタイトル凄く気に入ってるんですけど、燻製したチーズが日々美味しさを増すみたいに、このミックステープを楽しんで聴いてほしいのは勿論の事、我ながら呆れるほどザックリですが、何かしら新しい出会いのきっかけになればいいと思ってます。本当に。僕はなったので!

ここ最近何かしらお世話になりまくりな太一さん(KONCOS)が手がけてくれたアートワーク&デザインも可愛いらしい仕上がり。初っ端から良い作品になり凄く嬉しいです。是非皆様手に取っていただければ幸いです。よろしくお願いします〜!!

【取扱一覧】


・ロードトリップWEB SHOP
https://roadtrip.thebase.in/
・record shop DIGDIG(okayama)
・SOULMINE Mega Mart
・LIKE A FOOL RECORDS
http://likeafoolrecords.ocnk.net/

取扱店舗、ディストロなどご希望の方おられましたらroadtrip086@gmail.comまでお願いします!

【PROFILE】



北海道在住。音楽が好きな31歳。
誕生日と血液型がでんぱ組.incの夢眠ねむと同じ。

巨大な台風が北海道を直撃した2016年8月末から本格的にDJを始めることとなり、現在は帯広d-freakで毎月最終火曜に行われている「dance freak session」にレギュラー出演中。

帯広のバンド「toilet」ではギターとその他諸々を担当。
2017年秋冬にスプリットとコンピを数タイトルリリース予定。現在はセカンドアルバムに向けて楽曲制作中。

ソルジャー宮村氏とともに各地の音源をチョイスして扱う「SOLDIER FARM DISTRO」も2012年から未だ継続中。フリーのファンジン「FEEL UP!STAND UP!」も不定期ながら発刊している。

toilet Live at Shimokitazawa Shelter 2017 4/23

toiletのsoundcloud→https://m.soundcloud.com/toilet-3








2017年2月17日金曜日

FAAFAAZロングインタビュー。

2016年年の瀬に発表されたFAAFAAZの1stアルバム『GOOD MORNING』。様々な方面から反響を巻き起こし現在各地でレコ発ライブを爆裂敢行中の彼ら。音源発売前にmanchester school≡のVo./Gt.ハルロヲくんを聞き手に迎えて初となるインタビューを行いました。めっちゃ長いんですがアルバムレコーディングの話からオススメSA、そして意外と知られていないFAAFAAZ10年の歴史を紐解く面白い内容になりました!是非お時間ある時に一読してもらってライブ会場に足を運ぶなり、音源を手に取るなりしていただければ嬉しいです!(ちなみに明日2/19(日)はFAAFAAZ企画によるレコ発神戸編 at 神戸ヘラバラウンジです!)

それではどーぞ!!



《FAAFAAZがやりたい。やるのはFAAFAAZ。》

ハルロヲ:はい。ではFAAFAAZメンバー三人と、ロードトリップレーベルオーナーであるシンタロー君に、僕manchester school≡ハルロヲがインタビューしていきます。宜しくお願いします。
一同:宜しくお願いします~(拍手)
ハルロヲ:じゃあまず今のメンバーが集まってバンドを始めるきっかけというか、どういう風にバンドが始まったかを教えてもらおうかと。
マッチャン(Gt.Vo.):えっと結成が2006年ぐらいで、きっかけは当時銀杏BOYZとかを見ててバンドやりたいなと思って、それで三田っていう兵庫の田舎に住んでるんですけど、当時俺とフナキともう一人山岸っていうオリジナルメンバー三人がゴルフ場でバイトしてて。
ハルロヲ:え?三人がゴルフ場でバイトしてたんや(笑)
マッちゃん:それが二十歳くらいの時で、山岸がドラム叩けたんで。
ハルロヲ:え!じゃあそん時はフナキはドラムじゃなかったんや?
フナキ(Dr.):ギター。
ハルロヲ:ギターやったんや!!
シンタロー:ギター弾けるん?
フナキ:弾けないです。
一同:(笑)
フナキ:弾けるっていうかまぁ、持ってる。
マッちゃん:最初はその三人で俺がボーカルだけで、ギターとドラムがおって、ドラムが経験者で。
ハルロヲ:ふ~~~ん!じゃあそん時はフナキはギター持ってるだけでギターやって、マッチャンは何もできひんかったん?
マッチャン:いや俺が曲を作って、地元の練習スタジオとか入って。そんでその時にバンド名をどうしよう?ってなって。そん時は適当やったから、全員ゴルフ場で働いてるからあの「ファー!ファー!(ゴルフ用語)」っていうあの。
ハルロヲ:あ~!はいはいはい!!あのファー!ってやつ!(笑)
マッチャン:うん。あれそれ初めて聞いた?
ハルロヲ:初めて聞いた!あーそうなんや(笑)
フナキ:あとワンペナオービーズ。
ヒロちゃん(Ba.):え?なんてなんて?
マッちゃん:ワンペナオービーズかFAAFAAZ。
シンタロー:FAAFAAにしてよかったなー。
ハルロヲ:ゴルフ場で集まったって事で、そういうゴルフ関連にしようと思ってたん?
マッちゃん:まぁ名前は着けな。あとFAAFAAZの表記カタカナやったな。
ハルロヲ:なるほどね~。そん時はやろうと思ってた音楽は今とは違ってたん?
マッちゃん:いやだからそん時に銀杏BOYZとかああいうバンドをやりたくてバンドスコアとか買って。ほんでやろうとするんやけど弾けなくて。全然できねぇぞ!!ってなって。
一同:(笑)
マッちゃん:ほんで練習スタジオ入る前か後か前後するかもしれないですけど2005年の暮れくらいに、オシリペンペンズ、ワッツーシゾンビ、あふりらんぽの3マンをクアトロにたまたま見に行って。そん時にこんなんでもいいんや。こんなんでもやっていいんやって。
ハルロヲ:なるほどなるほど。
マッちゃん:激しく背中を押されて。これやったら俺らもできるぞと。その後にちゃんとしたベースが入って四人になる。ヒロちゃんと俺と同じ大学でもう一人ペンペンズとか銀杏が好きな奴がおって、そいつがベース弾いてくれて最初はその四人で始まっていった。

ハルロヲ:なるほど~。FAAFAAZスタート。んでそっからライブハウスに出るようにはなったん?
マッちゃん:なんかヒロちゃんのたまたま知り合った人がバンドやってて、そのバンドがかっこよくて、姫路の方に住んでた俺らがバンドやる前から憧れの先輩みたいな感じで。じゃあその人と一緒にライブをしましょうと。会場がNO NAMEっていうライブバーで窓際ハイスクールってバンドと。
一同:(笑)
フナキ:もう今はいない。
ハルロヲ:じゃあ窓際ハイスクールとFAAFAAZの、
マッちゃん:2マン。
ハルロヲ:え!2マン!?
シンタロー:それデビューライブ?
マッちゃん:デビューライブ。
ハルロヲ:へ~~~~~!
シンタロー:すげー!(笑)
マッちゃん:デビューライブの音源500円で売ってたもんな。
ハルロヲ:その後に?(笑)
シンタロー:どうやって録音したん?
マッちゃん:テープレコーダーで。
シンタロー:貪欲!
マッちゃん:いや流行ってたんやペンペンズ界隈でそういうのが。やっすい紙ジャケで。
ハルロヲ:あ~はいはい。なんとなくわかる。
マッちゃん:憧れが強くて。
ハルロヲ:なんかバンドの物を売りたいと。
マッちゃん:あの紙ジャケに憧れが。
ハルロヲ:それが20歳くらい?
フナキ:21,2やんなー。21くらい?
マッちゃん:21の誕生日の次の日やった。
フナキ:覚えすぎやろ(笑)
ハルロヲ:その時はお客さん来たん?
マッちゃん:多分5~6人くらい。
ハルロヲ:その時ヒロちゃんはお客さんで行ったん?
ヒロちゃん:行った行った。

ハルロヲ:そっから4人で活動して、今の編成になるまでに色々メンバーチェンジがいっぱいあってと。
フナキ:チェンジというか抜けるなドラマーが。仕事の関係とかで。
シンタロー:めちゃめちゃメンバー変遷多いもんな~。
ハルロヲ:メンバー編成にこだわらんっていうんがFAAFAAZみたいな。
シンタロー:なんならハルロヲ君も僕も元メンバーじゃないすか。
ヒロちゃん:そーや!全員や!
ハルロヲ:ここにいる全員FAAFAAZみたいなとこもあるよね(笑)
ヒロちゃん:すごい!一回だけやったっけ?
ハルロヲ:俺一回だけ。
ヒロちゃん:それ見た!
ハルロヲ:あ!そーなんや!現場には絶対誰かおるやろみたいな事になってるけど(笑)
マッちゃん:ちょっと語り尽くせないくらいメンバーが変わってて。
ハルロヲ:一人がどう辞めたかとかはいいとして、編成が変わっていくやん?例えばギターがいなくなって、じゃあ代わりに誰かがチェンジするとか。そーいうことが多いやん。その辺にこだわりとかないん?ギター俺がやりたい!とか。フナキやったらドラムやりたい!とか。
マッちゃん:単純にやるしかないみたいな。誰かを補充してやるんじゃなくて、例えば俺とお前がいるやん。それでやろうっていう。
ハルロヲ:うんうん。
マッちゃん:やれる事をやろうって。
ハルロヲ:じゃあ楽器がやりたいとかじゃなくて、とにかくFAAFAAZがやりたいと?
マッちゃん:FAAFAAZがやりたい。やるのはFAAFAAZ。
フナキ:抜けたから俺がやった。叩いたことないのに。
ハルロヲ:ギターのフナキがドラムに転身したと。なるほどなあ。じゃあここまで淘汰されてというか、今の編成にはふるいにかけられてなった?
マッちゃん:結構俺のワガママで入れて、俺のワガママで辞めさした人がいっぱいいて。
フナキ:二人も何回かあるから。
ハルロヲ:全く二人?
フナキ:完全なる二人。
マッちゃん:結局他の人ってやっぱし入ってくるとちょっと遠いから。フナキとか中学から一緒やし、ヒロちゃんは俺らの事よく知ってるし。あんま違うバンドの人が掛け持ちで入ると…俺ら音楽だけで繋がってないから。血が濃いというか。そん中に入ってくるとやっぱりちょっと遠い。
ハルロヲ:ふーん。まとまりとしてまとまらん感じがあるんや。異物感みたいな。
マッちゃん:それを別にその人が気にしてなくても俺が勝手に気にしてもて。でダメになる。
ハルロヲ:結局その三田っていうのが無意識に重要になってきたってことなんかな。
フナキ:かもしれへんな。バンド以外でも集まるから。地元のメンバーで集まるメンバーの一人で、バンドメンバーの一人。
マッちゃん:元々音楽やろうって始まったわけじゃない友達やから。
ハルロヲ:それは今アルバム出して、各地でライブやってる中でもそういう関係性ってのはあんまり変わらへんの?例えばバンドっぽくなってビジネスライクの付き合いというか、バンドの為に一緒にいるとかにはならへんの?
マッちゃん:フナキとは共通の友達がおるから会ったりする。ヒロちゃんは離れた場所に住んでるから会ったりせんけど、でもフナキともお互い学生時代に部活やってて、俺がバスケで、フナキが野球部で、そん時の野球部の友達とかと遊んだりしてもお互いバンドの話とかはしない。二人の時でもバンドの話全然しない。
ハルロヲ:照れみたいな?
マッちゃん:照れっていうか、バンドって結構ちゃんとせなあかん部分もあるから。
フナキ:最近はちょこちょこ話すな。仲良いもん最近。
マッちゃん:俺たちバンドをやるために友達になったわけじゃないから。友達がたまたまバンドやったっていう。その分結束がある。
ハルロヲ:なんかそういうバンドとしての付き合いっていう三人じゃないなってのは俺も一緒にライブしてて思ったなあ。例えばヒロちゃんってすごい変な位置っていうか、女の子一人で、こんなに可愛くて、この二人となんでバンドやってんねやろ?!って俺は思うわけ。
シンタロー:皆思うと思う。
ハルロヲ:そこは俺一個聞いてみたくて。ヒロちゃんは元々音楽が好きでFAAFAAZにいるん?それともFAAFAAZにいる事が楽しくているん?
ヒロちゃん:後者です。
マッちゃん:そりゃそうでしょ!
ハルロヲ:(笑)ヒロちゃんって土曜とか日曜に遊びに行く女の子友達とかってあんまりいーへんの?
ヒロちゃん:いません。
一同:(笑)
ハルロヲ:じゃあ大体FAAFAAZと一緒に週末を過ごしてると?
ヒロちゃん:うん。ライブとかスタジオとか。
フナキ:最近は特に。
シンタロー:ライブ多いもんなあ。
ハルロヲ:ヒロちゃんとしてはライブは楽しい?スタジオとか。
ヒロちゃん:楽しい~!
マッちゃん:多分ヒロちゃんが一番楽しんでるよなあ。ヒロちゃんが一番しっかりしてるし。芯が通ってるというか。
ハルロヲ:それはプレイに出てるもんね。なんか俺の印象ではヒロちゃんがドラムって感じ。一番土台で。んでフナキのドラムがギターみたいな感じがするねん。
シンタロー:あ~。わかるわかる。今回のレコーディングでもそれはむちゃくちゃ感じた。ヒロちゃんには一回もダメな時なかった。ヒロちゃん全部OKテイク。
一同:(笑)

《自分がそういう奴やったから、そういう奴に届けたいっていう気持ちがある。》

ハルロヲ:じゃあこの流れでレコーディングの事聞いていこうかな。レコーディングする時に、ライブ見てる人やったら分かると思うけどFAAFAAZそんなに器用なバンドじゃないやんか。それでレコーディングん時に困った事とか、すんなりいった箇所とかを聞かせてください。
マッちゃん:困った事はFAAFAAZの良さっていうか、なんていうか爆発するポイントっていうのがライブでも多分あって。俺とヒロちゃんの弦楽器は毎回爆発ポイントはないんやけど、やっぱフナキのドラムでかなり左右される所があって。良い時はもうめちゃくちゃ良いけど、アカン時はほんまにもう…最悪やから。その良い時の状態を録音でも真空パック的にガツッと。そこを一番にこだわった。そのグルーヴ。
ハルロヲ:ライブ演奏が一番FAAFAAZにとって重要で、それをレコーディングでも再現したかったと。
マッちゃん:ライブ演奏にも波があるから、ライブ演奏というよりはフナキを始めとする一番頂点に来る所というか。フナキに別に狂わないリズムを求めてなくて、常にヤバい瞬間、かっこいい瞬間がいっぱい詰まってるテイクが出るまで叩かせ続けた。
ハルロヲ:じゃあ録音テイクいっぱい録ったんや?
マッちゃん:うん。だって結局録れんで終わった日もあったよな?1テイクも。
シンタロー:今日はもうやめようって。
ハルロヲ:全部一発で録ってると思うんやけど、ボーカルは後で録ってるんよね?
マッちゃん:うん。
ハルロヲ:じゃあその一発で録るベーシックな部分がフナキ待ちみたいな?
マッちゃん:ほんまそう。
フナキ:待たせたな!
一同:… 。
マッちゃん:(今のはカットしてくださいの仕草)
ハルロヲ:(笑)いやいや今のぐらいしか使うとこないんちゃう?
マッちゃん:なんかリズムはこいつもしっかりキープして、ちゃんとせなあかんって。
シンタロー:ガチガチになってしまって。
マッちゃん:それを後で聴くと、全然おもんないやんみたいな。
ハルロヲ:フナキ的にはそん時はどういう気持ちやったん?ドラマーとしてちゃんとせなみたいな?
フナキ:まあねえ…。ちゃんとしな…。ほんまに弱くて。
ハルロヲ:ハートが?
フナキ:ハートが弱い。
ハルロヲ:(笑)
フナキ:ハートが弱いゆえにライブではああいうプレイをしてる。
ハルロヲ:なるほど。何回か続けて録っててさ、心折れたりせんかったん?
マッちゃん:いやこっちの方が心折れるわ!
ハルロヲ:ベースとかギターが?
マッちゃん:いやもう全然ダメで、どんどんダメになっていくみたいな。例えば4テイクあったらどんどん良くなっていくなら分かるけど、どんどん悪くなっていって。で顔がもう真っ白になって。それでもこいつは「いや。まだやる。」って。
ハルロヲ:あ~。
マッちゃん:いやもう無理。今日はもう辞めようって。
ハルロヲ:あ~なるほど。なんか面白いな。ほんま部活みたいやなお前ら(笑)
マッちゃん:そう。部活動。
シンタロー:泣きながら素振りしてるみたいな感じだった。
一同:(笑)
ハルロヲ:なるほど。もう練習とかにはなってないもんな。ただ根性を出してるだけで。レーベルオーナー的に出来はどうだったん?
シンタロー:結果録れた音源を聴いてみて、ライブでフナティがやってるお客さんを煽る?アクションみたいなのあるじゃないっすか?
ハルロヲ:あ~。なんか「シャー!」みたいな?
シンタロー:そうそう「シャー!」みたいな(笑)あれが思い浮かぶ感じの音源になったかなと思うんすけどね。音源としての完成度も込みで、そういうライブ感が想像できるような雰囲気をどうしても出したかったんで、そこのバランスが難しかったですね。音源音源するのも嫌だし、かといってライブ感出しすぎるとめちゃくちゃになっちゃうし。

ハルロヲ:まさにでも俺が聴いて思ったのはライブの良さが伝わる為の音源で、しっかり曲も分かるようになってて。だからFAAFAAZの良いライブっていう部分が出てる音源だと思ったな。それで後俺がすごく良いなって思ったのはマッちゃんの詞。
シンタロー:うん。詞マジでかっこいい。
マッちゃん:それはホントによく言われます。
一同:(笑)
ハルロヲ:だけどライブでその詞ってほとんど聞き取れてないと思うんやけど、俺は「ブザマナタイヨウ」っていうキーワードだけはかっこいいなって思って。
フナキ:ポイントポイントで。
ハルロヲ:そうそうそう。マッちゃんは曲作る時に詞が先にできるん?曲が先にできるん?
マッちゃん:ほんまに曲によるというか。
ハルロヲ:ちなみにマッちゃんが曲書いてるんよね?
フナキ:全部全部。プロデューサーやもん。
ハルロヲ:じゃあ曲を持っていく時に詞ができてるやつもあるんや?
マッちゃん:詞を先に考えて行く時もあるし、曲だけ考えて後で詞をどんどん書いていったり。
ハルロヲ:へ~~~!!
マッちゃん:なんかこういう次の曲作りたいなってのが常に何個かあって。例えばブザマナタイヨウっていうイメージと、LOCAL RIOTみたいなのやりたいなっていうのがあって、その曲に合わせた方をガツッと決めていく。
ハルロヲ:うんうん。なんかそれは他のバンドと違う部分かなと思う。特にこういううるさいバンドやってて、詞が先に来るっていうのは中々。ロンリーとか俺らもそうやけど、サウンド先行してなくて、で言いたい事が先ある感じっていうか。でもそれがすごく伝わってると思う。シンタロー君は初めてこの時に詞を知ったん?レコーディングの時とかに。
シンタロー:大半は。何曲かは知ってたけど。
ハルロヲ:そん時良いなって思ったの?
シンタロー:めっちゃ良いなって思いました。三田感あるというか。田舎感?(笑)くすぶってる人にすげー響くような歌詞じゃないですか?
ハルロヲ:わかる。
シンタロー:僕もそうっすけど。
マッちゃん:くすぶってたんで。
シンタロー:くすぶってたからこそ。
ハルロヲ:くすぶり続けるやろーしね。
マッちゃん:くすぶり続けてる。

《地域というかメンタルとしての「LOCAL」》

ハルロヲ:1曲目「LOCAL RIOT」ええ曲やねんけど。今もう三田に住んでないメンバーもいるやんか?フナキはもう大阪に住んでるし。
フナキ:僕大阪ですね。
ハルロヲ:あと二人は三田に住んでるの?
フナキ:ヒロちゃんは元から明石。
ハルロヲ:はいはい。じゃあそのさっきのバンドの成り立ちから言うと三田という重要なポイントやと思うねんFAAFAAZにとって。でもそこはもうあんま関係なくなってきたんやろ?でもこの「LOCAL RIOT」の「LOCAL」っていうのはマッちゃんの中で意味がありそうな気がするんやけど。この「LOCAL」っていうのはマッちゃんにとってどういう事なんかな?
マッちゃん:結局都会に住んでる人より物が手に入らんというか。CDとかも1時間くらいかけて買いに行くみたいな学生時代を過ごしてて。中々手に入らん物っていうか、自分がこんな田舎に住んでるからっていうのが一つあるのと。あとは単純に自分の気持ちの部分。都会の人って何でも出来るっていうか、知り合いとかもいっぱいいるし、やろうと思ったら誰かがサポートしてくれるから。全員がツレみたいな。バンドで先輩がおるとか。そこで例えばその先輩のバンドに入るとか、先輩がやってるライブハウスで出会ってその周りと仲良くなるみたいなんやろけど。俺らはホンマにそんなん少しもなくて。誰もいねえ。俺とフナキしかいなくて。
一同:(笑)
マッちゃん:とりあえず常に悶々とした気持ちを吐き出し続けて。でもバンドはしたくて、ライブも見に行ってて、でも中々知り合いもおらんくてライブハウス行っても仲良い人は皆やってるけど、俺らは蚊帳の外みたいな。
ハルロヲ:そこで仲良くはならへんかったん?
フナキ:当時のシーン感もあるから。今とはまた雰囲気が違ったなあ。
マッちゃん:でも蚊帳の外感は被害妄想もあって。なんか皆楽しそうにやってんなみたいな。俺らはこんなにしんどいのに、なんなんだこいつらは、こいつら全員俺らがぶっつぶしてやるっていう気持ちが全て「LOCAL RIOT」に詰まってる。
ハルロヲ:うんうん。
マッちゃん:自分がそういう奴やったから、そういう奴に届けたいっていう気持ちがある。
ハルロヲ:なるほどね。なんか俺もFAAFAAZ見て、FAAFAAZがいう「LOCAL RIOT」って多分地域の事じゃないと思って。なんかこう人間の事っていうかさ。そいつ自身が例えばさっき言ったみたいにライブしても馴染めへんみたいな。そういう人間自身が「LOCAL」かどうかみたいとこが、つまり「LOCAL RIOT」かなと俺は思ってん。
マッちゃん:自分の住んでる所が田舎やからとかはそこまで重きを置いてない。どこに住んでてもそういう奴って絶対おるっていうか…そういう奴…そういう奴…
シンタロー:地域というかメンタルとしての「LOCAL」。
マッちゃん:それ。
一同:(笑)
マッちゃん:それですわ。

【LOCAL RIOT / FAAFAAZ】

ハルロヲ:聞きたいこと聞けたわ~。じゃあアルバムの事聞いていくんですけど、今回のアルバムの『GOOD MORNING』っていうタイトル。GOOD MORNINGっていうのはどうやって付けたん?
マッちゃん:GOOD MORNINGは、元々朝が好きで、
ハルロヲ:あ!そう!!俺朝嫌いやで~。
マッちゃん:朝か夜だったら朝の方が好きでっていうのがまず一つと。あとはイベントのタイトルにもしてて。
ハルロヲ:FAAFAAZの企画?
マッちゃん:そう。FAAFAAZの企画としてGOOD MORNINGっていうタイトルを考えたんやけど、なんかGOOD MORNINGって単純にどっちにも捉えられる所があるというか。ハードコアのもっと黒いタイトルってあるけど。黒くも白くもない中性感。例えばこう「Violence Walking」みたいな。「Local Violence Rule」みたいな。
ハルロヲ:むっちゃダサいけどなあ(笑)
マッちゃん:そういうタイトルを付けてしまうとそういうイメージがガツンと全面に出てまうから。俺ら別にハードコアやろうっつって始まったバンドじゃないし。とりあえずやろうってやって、結果こういう感じになっただけで。ちゃんとこう色んな人に、ちゃんとした挨拶というか。
シンタロー:仕事もおはようございますだし。
マッちゃん:最初は絶対おはようやから。挨拶代わりってのもあるし、単純に良い言葉。誰かのおはようになれば。
ハルロヲ:誰かのおはよう?
シンタロー:確かに朝聴くとすごい良い。
ハルロヲ:へ~。そうなんや~。元気出る?
シンタロー:元気出るというか。
ハルロヲ:朝専用みたいなやつ?(笑)
シンタロー:出勤中に聴くと良いっす。
マッちゃん:やっぱ曲が激しいから、タイトルはフラットなタイトルにしたかったっていうのがあって。「Local Violence~」だとただ激しいだけのバカなアルバムみたいになってまうから。そういうんじゃなくて黒くない、燻ってる奴にも届けっていう気持ち。
シンタロー:FAAFAAZって音激しいけどキャッチーじゃないっすか。その感じがGOOD MORNINGってタイトルに集約されてる気がする。
マッちゃん:それやと嬉しい。
ハルロヲ:なるほど。どういうのが好きっていう人に伝えたいんじゃなくて、ちゃんと皆に伝えたい気持ちなんや。

《レコーディングスタジオで大モッシュ。》

ハルロヲ:もうちょっとアルバムの事聞いていきたいんやけど、今回最後の曲「SPEED EMOTION」は今作のために作ったん?
マッちゃん:今回のために作りました!
ハルロヲ:それ以外は今までの既存の曲?
マッちゃん:今回のためにちゃんと作ったのはSPEED EMOTIONだけ。あとはアルバム出す前のVOGOSのコンピとかに収録した曲を録り直した。
シンタロー:僕が8曲ぐらいにはしてほしかったので、マッちゃんに作ってもらいました。今まで音源に収録してたり、ライブでやってる曲しかなかったんで、1曲新曲が欲しいって。そしたらすごいのができちゃった。
ハルロヲ:俺は初めてあの曲聴いたのmanchesterのレコ発岡山で一緒にやった時なんやけど、「こんなんできんのコイツら!?」って思ったからなあ(笑)アホみたいに撒き散らす曲がFAAFAAZは良かったけど、ちゃんとああやって組み立てた曲があるんやと思って。ちょっとビックリした。
マッちゃん:全部そんなんやん!
シンタロー:いつものFAAFAAZ節っていったらFAAFAAZ節なんすけどね。
ハルロヲ:あ~。なんか秘話というか、どういう風にできたん?
マッちゃん:SPEED EMOTION以外7曲はできて、ほんでレコーディングの最中聴いてる時に、シンタローにもうちょっとこうパンチがあるじゃないけど、最後1
くらい華やかというか、ガツンといけるのがあった方がいいんじゃないのって言われて。
ハルロヲ:え?それレコーディング中に?
マッちゃん:いやレコーディング中じゃないけど、レコーディング何回もしててんフナキのせいで。
ハルロヲ:あ~。はいはいはい(苦笑)
マッちゃん:その間に作りました。
ハルロヲ:え~!そっから作ったんや!
マッちゃん:そっから作ったっていうか、リフは自分でギター弾いてて良いなって思うのを録り貯めてるから、そのリフをこーしてこーしたらカッコイイかなみたいな。
シンタロー:初めて聴いたのレコーディングだったかも。
マッちゃん:そうそうそう。その前にスタジオ入って、レコーディングでシンタローに披露して、レコーディングスタジオで大モッシュ。
一同:(笑)
ハルロヲ:初めて聴いた時どーやったん?
シンタロー:これキタなって。
ハルロヲ:(笑)
シンタロー:やったー!ですね。
ハルロヲ:なるほど。タイトルの「SPEED EMOTION」はどう?
シンタロー:ちょっとダサいなって(笑)
マッちゃん:嘘ー!?
ハルロヲ:いやいや俺はらしくて良いと思うけど!
フナキ:らしさはある。
ハルロヲ:なんかあれのバンドアレンジを聞いて面白いと思ったのが、フナキが叩かれへんからコーラスだけしてるっていう箇所。
マッちゃん:あ~。最初ギターだけで始まってその間フナキがコーラスして、ほんでドラムのドン!っていうのでドラムが入るんやけど。当初は「溢れだす感情は」も俺が歌ってて、俺が歌うつもりやったんやけど。俺が歌い出してもフナキのドン!が早かったり遅かったりして全然合わんくて。じゃあフナキが歌ったら絶対合うやんってなって、そしたらすぐ合った。
一同:(笑)
フナキ:寄せてくれた!
マッちゃん:そしたら結果すごいカッコイイ掛け合いみたいになって。
ハルロヲ:せやね(笑)
シンタロー:あの掛け合いは狙ったわけじゃなくて、しゃーなしの。
マッちゃん:あーするしかなかった。じゃないとできない(笑)
ハルロヲ:それがFAAFAAZらしいというか一番良い所やと思うねんな。3人でできることをやろうみたいな。憧れがあってああいう音楽をやろうじゃなくて、3人で一番良い状態は何かなっていう。
マッちゃん:フナキのあの感じもカッコ良かったし、すげー良いのができた。
ハルロヲ:あの曲はアルバムにおいても重要な曲と思う。
シンタロー:1曲目LOCAL RIOTでくすぶってたFAAFAAZが、SPEED EMOTIONの最後の最後「加速で解決」って歌詞で終わるんですけど、その感じが。答えみたいな。
ハルロヲ:うんうん。「破滅最高」ってのも良いよね。
一同:(笑)
シンタロー:全然ちゃんとしてるのに!

【GOOD MORNING Trailer】

《俺達が今やってるのがパンクだって気持ちでやってます。別にDEAD KENNEDYSは好きじゃないです》

ハルロヲ:こういうの良いよね。FAAFAAZらしくて。なんか俺の感想になるけど、Voidっているやん?ワシントンDCの。皆好きで憧れてる人多いやん?でも皆できてないと思ってて。でも唯一できてるとしたらFAAFAAZだと俺は思うんやけど。奇跡みたいなバンドっていうか。ていうのがそこはサウンド面においても、例えばベースがリードでドラムみたいな、でドラムはズレズレでギターみたいな。そういう所の奇跡感みたいのがVoidに一番近いんちゃうかなと思ってる。
マッちゃん:Voidちょっとしか知らんけど俺の中のVoidの印象って、ちゃんと着地点を求めてないというか、とりあえず突っ走る最高速度が全てで、どんだけその瞬間速い速度になれるか。で綺麗に着地するのを目的にしてない。俺らもそれがあって、じゃああそこに行きましょうっていうのは別になくて。ただもう一番最高な瞬間。速い瞬間を常に求めてる感じがある。とにかく一番ヤバイと思えるポイント。ライブ中沸点を超える感じを求めてる。
ハルロヲ:なるほどな。FAAFAAZらしくて良いです。で、じゃあバンドをやってる理由っていうか、なぜバンドなのか?例えば楽しい事やったら色々あるし、なのになんでただ仲良い3人がバンドをやってるん?
マッちゃん:バンドって正直全然楽しいだけじゃなくて、めちゃくちゃ嫌な事もいっぱいあるし、ライブしてても辛いだけで恥ずかしくて車に乗って帰りたくなる時もあって。そんな事もいっぱいあるんやけど。楽しいことを求めてるって感じではないかなバンドやってる理由は。振り切れる瞬間とか。あとは自分が歌ってるから、全部出しきって真っ白になる感覚が気持ち良すぎてやってる。別に楽しいだけならクラブに行ってます。
フナキ:踊り狂ってますね。
マッちゃん:やっぱそういう悔しい夜とか、全然ダメだった帰り道とかをこの3人で共有してるから強いと思う。

ハルロヲ:FAAFAAZにとってライブは凄く魅力やと思うんやけど、ライブに挑むに前の心構えとかはあるんかな?
マッちゃん:毎回「じゃあ今日で解散で」とかそういうのをホンマに口に出してる。
ハルロヲ:毎回言うんや(笑)
マッちゃん:ホンマに今日が終わり。いつまでもできると思ったらアカンというか。
シンタロー:いつまでもできないしね。
マッちゃん:今日が俺達最後やと。そういう気持ちでやるように心がけてますね。
ハルロヲ:なるほどね。ほんでライブの時にマッちゃんとフナキが白Tに黒ズボンみたいな時あるやん?飾らない感じというか、それって決めてるん?
マッちゃん:単純に動きやすい(笑)
フナキ:だんだん俺が寄せていってる。
ハルロヲ:影響受けて?
フナキ:結局影響受けてしまう
マッちゃん:できたら飾りたいくらいやけど、なんかやっぱスポーツ感があって、自分が一番良い状態でライブに臨めるのが今はあの状態で。だからそうしてる。
シンタロー:ライブ終わった後に色違いの★HISATAKA★のシャツ着てたりするよなー。
一同:(笑)
フナキ:でもライブ中バンドTは着ないようにしてる。
ハルロヲ:お~なるほど。それはなんかあんの?
フナキ:画が見えてしまうから。イメージ図みたいな。バンドのイメージがパッと決まってしまうっていうか。
シンタロー:こういうバンド好きなんだみたいな?
フナキ:そうそうそう。よっぽど思い入れがあるバンドだったら良いねんけど、フワッとは着ないようにしてる。
ハルロヲ:FAAFAAZとして出てる時にFAAFAAZ意外のものをチラつかせたくないってこと?
フナキ:そうそう。画ができてしまう気がする。
マッちゃん:へ~。
シンタロー:そんな事考えてたんだ(笑)

ハルロヲ:なんかマッちゃんとフナキの関係性ってこれもなんかおかしい気がするねんな。なんて言うんかな。舎弟みたいな感じもするし。
マッちゃん:結局フナキと俺は常に目を合わせてる状態で、どっちかが目を逸らしたら負けみたいな。がもう10年続いてる。
ハルロヲ:睨み合いみたいな?
マッちゃん:睨み合いじゃなくて我慢比べ。俺がやってんだからお前やれるよな?みたいな。
ハルロヲ:(笑)
マッちゃん:俺がやってんだからお前やれるよな?って全然関係ない人は「はぁ?」で終わるんやけど、フナキと俺は築き上げてきた部分ってすごいあるから。絶対負けねぇというか。
フナキ:まあ面白い!言うたら刺激をもらえる人。俺ん中のトップ!
ハルロヲ:フナキって友達おんの?他に。ひろちゃんはあんまりおれへんかったけど。FAAFAAZ以外に。
フナキ:いるよ
マッちゃん:フナキが一番変わってるからな。
一同:(笑)
シンタロー:なんか溜め込んでる物がデカい。
マッちゃん:そう。フナキが一番危ない。
シンタロー:狂気的。
マッちゃん:一番屈折してる。
ハルロヲ:まあまあ気使いなんやろね。だからワーッてなっちゃうっていう。辞めようと思ったりとか。分かるよなんとなく。オーナーから見てどうですか3人の関係性は?なんか普通のバンドと違うくない?
シンタロー:なんか違いますね。なんなんじゃろ~?
ハルロヲ:例えば最近聴いた良いCDの貸し合いとかもないわけで。
シンタロー:音楽的な繋がりは感じないっすね。
ハルロヲ:なんなんかな。一生3人で遊べるやろお前らみたいな感じっていうか。
マッちゃん:最近東京とかに呼ばれる事が今年の夏とか特に多くて、移動時間がすごい長くて。でもその移動時間でかなりグルーヴがあがる。SAでグルーヴがMAXになったり。
ハルロヲ&シンタロー:わかる。
マッちゃん:やっぱり仲良い。お互いムカつくときもあるけど、それでもやっぱり仲が良い。クレープ食べたいから足柄で絶対SA寄ってくれとか。
ハルロヲ:(笑)それは誰が言うん?
マッちゃん:ヒロちゃんとフナキ。
フナキ:足柄オススメです!
マッちゃん:足柄のSA2間くらいおったりするから。
フナキ:上りも下りも足柄SAオススメですから!上りがクレープ。下りが温泉になっております。
ハルロヲ:ヒロちゃんよくフナキお姉やって言うやんなあ。
ヒロちゃん:なんか女子みたい。女同士みたい。

ハルロヲ:なるほどね~。じゃあ今現行でやってる周りのバンドでライバルっておる?意識してるとか。
マッちゃん:意識してるとまではいかんけど、単純にGEZANが自分にとって刺激的。年も近いし。でも別に他のバンドと競ってる気持ちは全然なくて、俺らは常に3人のトップスピードを走ってるから。でもGEZANは俺らもやるぞっていう気持ちにさせてくれるバンド。元々GEZANも関西出身やし。
ハルロヲ:なるほど。ほんでこれを俺は最大に聴きたいんやけど、FAAFAAZのライブでDEAD KENNEDYSの「nazi punks, fuck off」やるやん?あれどういう意味?政治的な意味とか主張とかがあってやってるんじゃないと思うねんけど。なんであれやんのかなと思って。

【Nazi Punks Fuck Off / DEAD KENNEDYS】

マッちゃん:DEAD KENNEDYSを知ったきっかけが「nazi punks, fuck off」で。
シンタロー:あれ以外知らんのんじゃろ?
マッちゃん:あれ以外知らん。
一同:(笑)
マッちゃん:いや知ってるけど。他の曲って全然良くないやん。あの曲の歌詞って俺の捉え方やけど、ようはお前らパンクじゃねえ。つるんでる奴とか、警察に楯突くおっちゃんがパンクじゃねえみたいな。そんな感じやん。自分の考えとか気持ちがパンクで。俺らモヒカンじゃないし、黒くもないし、そういうのカッコイイなって。俺達が今やってるのがパンクだって気持ちでやってます。別にDEAD KENNEDYSは好きじゃないです。
一同:(笑)
マッちゃん:あの曲がめちゃくちゃ好き。
フナキ:原曲なんかわからんくらい速いけど。

【Nazi Punks Fuck Off / FAAFAAZ】

ハルロヲ:うんうん、スッキリした!つまりインディペンデントって事やね。独立した考え方を持ちたいっていう。それはウチもテーマにあるけど、FAAFAAZにそれを感じるね。
マッちゃん:インディペンデントって言うとちょっと重たいけど。どこにも中々入れなくて、俺達は一体どうしたら良いんだ!?っていう気持ちがあったんやけど。パンク・ハードコアでもない、アンダーグラウンドの人にも煙たがられる。でもある時からなんかそういうのに属する事自体が違うんじゃないか。俺達はこれでもう全員ぶっ倒していこうってなって。だから途中からはもう何も気にならなくなった。
シンタロー:まあでもそれだけ周りに評価もされてきたって事よなー。
ハルロヲ:本当に誰も相手してくれないってやつね。
フナキ:なんかよく分からんとこに呼ばれるな最近。こっから呼んでくれんねやっていう。THE FULL TEENZとか。
マッちゃん:全然ハードコアじゃない人にも声掛けてもらってて、なんかそういうのが増えてきて俺らがやってるのって全然オッケーなんやって自信になった。ちゃんと伝わる人には伝わってるんやなって。だから自分らの良いとこだけ出すようにやってる。
ハルロヲ:なるほどね。俺が聞きたいことは聞けたかな。
シンタロー:最後になんかあるかな?
ハルロヲ:浜松一緒に行ったやんか?その時に対バンした男の子いたやん一人でやってる。あの子がなんか後でTwittermanchester schoolFAAFAAZ見てハードコア原理主義的な感じやったって書いてて、それすごくわかんねん。形式としてハードコアってかっこいいやんか。そういう楽しみ方もあるけど、でも俺らもFAAFAAZもそうやと思うねんけど当時ハードコアやってた奴なんてドコにも属されんかって溢れた奴みたいなんがああいう事やってて。manchesterFAAFAAZも感覚的にはそういう感じやし。個人的にそういう所でシンパシーを感じてる。つまりインディペンデントって事に俺はシンパシーを感じてる。君たちがインディペンデントって言葉を知ってるかどうか知らんけど!
一同:(笑)
ハルロヲ:なんか知らなそうやけど(笑)
マッちゃん:知らないっすね。
ハルロヲ:やけどあらゆる面でFAAFAAZは原理主義的やねん。言葉にもなってない考え方とかやり方とかを自分らで勝手に見つけてる。
マッちゃん:なんかどこにでも属せてしまうんやったら別にやってる意味ないっていうか、そもそもやる必要なかったやろうし。どこにも属したくない奴らがやるのがパンクだと思ってるんやけど。
ハルロヲ:俺もそう思う。
マッちゃん:改めてそれを再認識するというか、だから別に関係ない。最近シーンがガチガチと決まってるじゃないすか。
ハルロヲ:うんうん。
マッちゃん:なんかそういうのってやっぱり面白くないなあって。俺はやってやるぞっていう奴に会いたいっすね。
シンタロー:FAAFAAZの良い所は良い物は良いと素直に思える、その反応がすげー速いっていう。
ハルロヲ:わかる!
シンタロー:その反応の速さが重要で、FAAFAAZぐらいピュアな人達は中々いないと思うんすよね。
ハルロヲ:なるほどなるほど。さすが慣れてます。
フナキ:シャチョー!
ハルロヲ:シャチョーの言葉も最後いただけませんか。
シンタロー:じゃあ最後ヒロちゃんに締めてもらいましょうか。
フナキ:なにかありますか?
ハルロヲ:ヒロちゃんFAAFAAZなくなったらどうする?
ヒロちゃん:困る。
一同:(笑)
_________________________________________________________________________________


FAAFAAZ

【PROFILE】
2006年中学高校と同級生だったギターボーカルのマツモトとドラムのフナキを中心に結成。(当時4人編成)以後メンバーチェンジを繰り返しながらその中で一番気の合うヒロコが加入し2013年頃から現体制となる。その破滅的な加速力とNO GUARDな様は見るものを圧倒する。2008年頃から不定期で自主企画を開催し過去の出演者はHIMO、マンチェスタースクール、オシリペンペンズ、☆HISATAKA☆、VOGOS、B玉、ロンリー、kkmanga、NO、SIKASIKA、ブチゾンビーズ、ぐうたら狂、組織暴力幼稚園、宮武BONESなど枠にとらわれないメンツを招集している。その中でも☆HISATAKA☆とは共同企画『LOOKING AT YOU』を大阪難波BEARSで不定期開催。
2011年にthe futures企画『MIND GROOVE』出演。近年ではkkmanga、馬車馬、B玉主催の『共鳴のG』、GEZAN企画『セミファイナルジャンキー』出演。

︎2008年  5曲入りDEMO『FAAFAAZ DEMO』発表。
︎2010年  3曲入りシングル『WALK AGAIN ep』発表。
︎2012年  HIMO主催『KITASHINJUKU HARDCORE VA』参加。

︎2016年  VOGOS主催『VOGOMATE COMPILATION』参加。1st ALBUM『GOOD MORNING』発表。

【ライブ予定】
2/19(日)神戸HELLUVA LOUNGE (FFZレコ発)
3/4(土)小岩BUSH BASH
3/5(日)岡山CRAZY MAMA1 STUDIO (FFZレコ発)
3/19(日)北海道白石PIGSTY (FFZレコ発)
4/22(土)福井velvet (FFZレコ発)
4/29(土)広島SPYDER (FFZレコ発)
5/21(日)難波BEARS (FFZレコ発)
6/4(日)???????

6/24(土)心斎橋CONPASS